甲状腺検診ちばの会

福島県では震災時18歳未満の受診結果確定者約30万人中、既に173名から悪性腫瘍及び疑いが発見されています。 放射性物質の広がりには県境も国境もありません。千葉県でも2011年3月22日以降水道水中に370Bq/kgの放射性ヨウ素が検出されています。会では当面、子どもを中心に甲状腺検診を進めます。検査用機器は市民カンパで購入されたものを借り、ボランティア医師の協力を得て検診を行います。

 ▶
来る6月4日に学習会を開催します。興味ある方はどなたでも参加いただけます。

日時:2017/6/4 13:30~15:30
場所:幕張公民館 2階 講習室
千葉市花見川区幕張町4丁目602番地
幕張公民館 ←クリック
問合せ:070-5439-7432(倉形)
参加費:無料

福島県では被災当時18歳未満の子どもたちに対する甲状腺がんのスクリーニング検査が実施されています。これまでに2巡の検査が実施され、現在は3巡目の検査が実施中です。
既に185名の子どもたちにがん及びその疑いが発見されています。
これはチェルノブイリ事故の際よりも高い率での発見とも言われる一方で、政府・行政機関加えてマスコミ各社は徹底して限定報道に留め、社会の関心を押さえ込む努力を続けています。
一方で、この検査を管理する「福島県民健康調査検討委員会」は、原発事故が原因とは言えない、との見解を崩していません。

そこで、この錯綜する状況を整理する学習会を開きたいと思います。
講師は、事故以来、原発事故と周辺状況の取材を精力的に続けている OurPlanet-TV(アワープラネット・ティービー)の白石草(はじめ)さんにお願い致します。
Category :  学習会のお知らせ 2017/05/22   ↑PageTop
甲状腺検診ちばの会では下記の要領で学習会を開催します。

日時:11月22日(日) 午後1時半 ~
場所:ちば市民放射能測定室「しらベル」
 アクセス
テキスト:「見捨てられた初期被曝」(study2007 岩波科学ライブラリー)他


参加をご希望の方は下記まで連絡ください。
電話:070-5439-7432(倉形)
Email:thyroidcheckupchiba@gmail.com
Category :  学習会のお知らせ 2015/11/11   ↑PageTop
表示中の記事

  • 学習会のお知らせ
2017年05月22日 (月)
6/4学習会を開催します

カテゴリ
アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


リンク
お知らせ
甲状腺検診ちばの会

サイロイド

お1人あたり1500円程度のカンパをお願いします(避難の方を除く)。

5~21歳を目安としたお子さんを対象に、医師・市民のボランティアで検診活動を行っております。受診にあたってはお1人あたり1000円程度のカンパをお願いしており、これは検診活動経費の1部となります。

最新コメント

Twitter

QRコード