甲状腺検診ちばの会

福島県では震災時18歳未満の受診結果確定者約30万人中、既に173名から悪性腫瘍及び疑いが発見されています。 放射性物質の広がりには県境も国境もありません。千葉県でも2011年3月22日以降水道水中に370Bq/kgの放射性ヨウ素が検出されています。会では当面、子どもを中心に甲状腺検診を進めます。検査用機器は市民カンパで購入されたものを借り、ボランティア医師の協力を得て検診を行います。

 ▶
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  スポンサー広告 --/--/--   ↑PageTop
甲状腺検診ちばの会は2014年6月15日の第1回検診以来、これまでに11回の検診を実施してきました。
延べ人数で540名と、まだまだ限定された検診結果ですが、その概要を報告いたします。

甲状腺検診ちばの会検診結果概要
初回(2013年6月)~11回(2016年1月)

(下記「判定」は福島県検診の判定を適用しています。
判定       A1     A2    B(要2次検診)  C(直ちに2次検診) 
結節サイズ  所見ナシ  5mm以下  5.1mm以上  サイズ+αの所見
のう胞サイズ 所見ナシ 20mm以下 20.1mm以上  サイズ+αの所見


男女別
判定   A1    A2    B    総計
女    107   170   14    291
男     85   160    4    249
総計   192   330   18    540

年齢別
年齢       A1       A2     B      計
5歳以下    66(50%)   65(50%)   0    131(100%)
6~10歳    57(28%)  145(71%)  3(1.5%) 205(100%)
11~15歳   17(23%)   58(77%)   0     75(100%)
16~20歳   15(43%)   19(54%)   1(2.9%) 35(100%)
21~29歳    1(33%)   2(67%)   0      3(100%)
30~39歳   13(62%)   7(33%)   1(4.8%)  21(100%)
40~49歳   13(41%)   14(44%)   5(16%) 32(100%)
50以上     3(27%)    1(9%)   7(64%)  11(100%)
不明      7(26%)    19(70%)   1(3.7%) 27(100%)
計      192(36%)   330(61%)  18(3.3%) 540(100%)
※各%表示は年齢層ごとの判定%。

実施日・場所
     年月日     場所    受診人数
初回 2014/6/15   しらベル     36
2回 2014/7/13    しらベル     35
3回 2014/9/21    しらベル     50
4回 2014/12/26・27 しらベル     57
5回 2015/2/28    船橋勤労市民センター 38
6回 2015/7/25・26  しらベル     59
7回 2015/8/29    しらベル     29
8回 2015/10/25   八千代市民会館   91
9回 2015/12/27   しらベル     36
10回 2016/1/24   なのはな生協本部  43
11回 2016/1/30   船橋勤労市民センター 66
総計                    540
※表中の「しらベル」とは「ちば市民放射能測定室:しらベル」の事務所のことです。

数値だけの報告ですみませんが、この検診数では何らか評価することは困難です。
当面、検診を地道に継続していきます。

以下は受診者の現住所の分布です。(申込数での集計です。約60名のキャンセルが含まれます。)
地域別   計   %
千葉県   532   89%
千葉市   186   31%
八千代市  101   17%
船橋市   65   11%
佐倉市   34   5.7%
習志野市  29   4.8%
市川市   20   3.3%
松戸市   14   2.3%
市原市   13   2.2%
四街道市  8   1.3%
柏市     7   1.2%
流山市    7   1.2%
我孫子市  6   1.0%
鎌ヶ谷市  6   1.0%
成田市   5   0.8%
印西市   4   0.7%
東金市   4   0.7%
木更津市 4   0.7%
御宿町   3   0.5%
勝浦市   3   0.5%
袖ヶ浦市  3   0.5%
いすみ市  2   0.3%
茂原市   2   0.3%
浦安市   1   0.2%
長生郡   1   0.2%
南房総市 1   0.2%
白井市   1   0.2%
八街市   1   0.2%
富里市   1   0.2%

埼玉県
三郷市   4   0.7%

東京都
江戸川区 10   1.7%
足立区   10   1.7%
葛飾区   2   0.3%
文京区   2   0.3%

福島県
双葉郡双葉町 1   0.2%

茨城県
鹿嶋市   4   0.7%

神奈川県
鎌倉市   3   0.5%
横浜市   1   0.2%
相模原市 1   0.2%

兵庫県   1   0.2%

不明    28   4.7%

総計   599   100%

スポンサーサイト
Category :  活動報告 2016/03/10   ↑PageTop
甲状腺検診ちばの会の検診の様子が「消費者リポート」1582号(2016年2月発行)に掲載されました。
イメージの画像を掲載します(画面では判読できないと思います。読まれる場合にはご購入の上、お読みいただければと希望しております)。
「消費者リポート」

消費者リポート

「消費者レポート」は、日本消費者連盟が発行する月刊誌です。
その1582号(2016年2月発行)において、
特集:放射能は本当に関係ないの? ~小児甲状腺がんの今とこれから~
が特集され、その記事の一つとして
「検診:甲状腺検診ちばの会、関東子ども健康調査支援基金」
216/1/30「福島問題フォーラム」連携企画の甲状腺検診を取材していただきました。

記事内容は、その他の特集記事と合わせて「消費者リポート」をお読みいただきたいのですが、記事中で当会に関連する部分で一部誤りがありましたので、訂正させていただきます。

訂正①
『「甲状腺検診ちばの会」は‥千葉県の東葛地域を中心に活動しています。』
正しくは
→『「甲状腺検診ちばの会」は‥千葉県の京葉地域を中心に活動しています。』

訂正②
『甲状腺がんを診断できる医者が県内に2人しかいません。‥』
正しくは
→『ボランティアで参加いただいている医師は県内ではお二方しかいません。』

訂正②につきまして(補足)
・甲状腺がんを診断できる医師は千葉県内に多数おられます。
・小児甲状腺がんをエコー検診できる(あるいは実施している)医師は限られますが、
千葉県内でも既に松戸・柏の病院で行政補助の対象として複数の医師が担当されています。
また、それ以外でも2011年から独自に小児甲状腺がんのスクリーニング検診を実施している医師の方は、千葉県内にも複数おられます。

甲状腺検診ちばの会が実施しているのは、甲状腺がんの「診断」ではなく、甲状腺がんのスクリーニングを目的とした超音波エコー検診です。スクリーニングの結果、あるサイズ以上の結節などの判定を受けた場合、正式に医療機関を受診していただくことになります。

続く文章中の「やればやるほど赤字‥」という点についても、もう少し丁寧に説明する必要がありますが、「消費者リポート」紙面が限られているという制約の中で生じた表現であったと理解をしているところです。

訂正②の部分については、「消費者リポート」の次号で訂正いただくことになっています。

最後になりましたが、取材・掲載いただいたことには大変感謝しています。ありがとうございました。
Category :  活動報告 2016/03/03   ↑PageTop
表示中の記事

  • 2016年03月
--年--月--日 (--)
スポンサーサイト
2016年03月10日 (木)
甲状腺検診結果の概要

カテゴリ
アーカイブ

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2016年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


リンク
お知らせ
甲状腺検診ちばの会

サイロイド

お1人あたり1500円程度のカンパをお願いします(避難の方を除く)。

5~21歳を目安としたお子さんを対象に、医師・市民のボランティアで検診活動を行っております。受診にあたってはお1人あたり1000円程度のカンパをお願いしており、これは検診活動経費の1部となります。

最新コメント

Twitter

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。